寺町通りのお店がおすすめ!大人の京都旅行では街歩きを楽しもう

国内旅行

皆さんは大人になってから京都に行きましたか?

最近の京都は外国人旅行客がたくさん!それに、今でも修学旅行の団体をあちこちで見かけます。そんな中、私が目指すのはもちろん「大人の京都」。この混雑の中、のんびり過ごせるのはどのあたりでしょうか?

スポンサーリンク

寺町通りはどんな通り?

60歳近くになると、どこのお土産屋さんにでも売っているような雑貨は欲しくありません。少しだけ高くても良いモノを買いたい。カフェでゆっくりとお茶を飲みたい。

そんな希望を叶えてくれるのが寺町通りです。

京都の寺町通りの地図

寺町通りの地図

寺町通りは京都市の南北方向に通っている通りのひとつ。新京極あたりにも古くからの素晴らしいお店がありますが、いかにも商店街というイメージ。観光客が多いエリアで落ち着きません。

上の地図で言うと、 京都市役所あたりから北の方向に向かう部分。御池通から丸太町通までの間がおすすめ。観光客向けのお店ではなく、本物を扱っているお店がある通りです。このあたりは商店街というほど店が立ち並んでいるわけではなく、むしろ静かなエリアです。

それだけに敷居が高い雰囲気はあります。 ゆっくりお散歩して、美しいディスプレイを外から眺めるだけでも目の保養。

京都の寺町通にあるお店

寺町通りにある老舗

京都に限ったことではありませんが、雑貨などそのデザイン自体に価値があるので、店内の商品の写真を撮ることはためらわれます。

掲載している写真は、お店の外から撮影したものです。お買い物をした時に、許可を得て店内を撮影させていただいた場合もあります。

寺町通りのおすすめのお店

それでは寺町通りの素敵なお店をご紹介しましょう。

京都ペレット町屋ヒノコ

まず最初は『京都ペレット町屋ヒノコ』。木と火のある暮らしを提案しているアンテナショップ。単なるお店ではなく、イベントなどを通して、環境にやさしい生活を提案しています。

寺町通りにある京都ペレット町屋ヒノコ

京都ペレット町屋ヒノコ

「京都ペレット」という言葉が何を意味するのか、私はそれまでまったく知りませんでした。

「京都ペレット」とは、京都産の原料だけを使って作られた「ペレット」。「ペレット」の原料は100%天然の木。間伐材を粉状にしたあとに、乾燥し圧縮して円柱状に固めたのが「ペレット」です。

「ペレット」を燃やした時に排出される二酸化炭素は、元はと言えば、木が育つ課程で大気中から取り込んだもの。大気中の二酸化炭素を増加させているわけではありません。

つまり、「ペレット」を使うということは、資源の有効活用という点だけではなく、二酸化炭素排出量という面で見ても利点があるのですね。

この「ペレット」を燃料としたストーブやグリルなどがあることも、今回初めて知りました。

寺町通りにある京都ペレット町屋ヒノコの店先

京都ペレット町屋ヒノコの店先

この日の店頭には、オリジナルの「うちわの絵付け体験」の案内が出ていました。

ADORN アドーン

次にご紹介するのは、装身具と布のお店『ADORN アドーン』です。

もうお店の外観を見ただけでため息!素敵なモノがいっぱいのワクワクするお店です。

京都の寺町通りにあるADORN アドーン

ADORN アドーン

「寺町通りに来てよかった!」と実感した瞬間。

ADORNのウインドウのディスプレイ

ADORNのウインドウのディスプレイ

ウインドウに飾ってあったのは、少数民族が作った手刺繍をミニ額で仕上げた作品。

店内に入って正面にはアクセサリーが。右側には、美しい刺繍などが施された装飾用のテープが並んでいます。これを使って何かを作ることのできる人が羨ましい!

中近東、インド、中国、アフリカなど様々な国から集められた数多くのアイテム。どこか素朴で懐かしくなるような、素晴らしい色合いの布や生活雑貨たち。

いろいろな国々から来ているのにお店がひとつの作品のようにまとまっているのは、やはりセンスなんですね。

京都の寺町通りのADORNで売られているブロックプリントの木版

ADORNの店先で売られているブロックプリントの木版

この日、私が一番気になったのがこの木製のスタンプ。インドの伝統技法である「ブロックプリント」のスタンプです。

手彫りの版の大きさは様々。インドの職人は、インクをつけて生地にすき間なく押し続けていくそうです。出来上がった布には柄のずれやかすれがあって、それがまた素朴な味わいを出しています。

京都の寺町通りADORNで購入したエコバック

ADORNで購入したエコバッグ

この手法で作られた可愛い色のバッグを購入しました。折りたたむと普通のエコバッグより小さくなるので、バッグの中に予備として入れておくのに便利。申し訳ないほどのお安い価格で、思い出になる実用品を手に入れることができました。

このバッグはシンプルなプリントですが、インドのブロックプリントの技術は素晴らしいです。長い布に、いくつもの木版を使って様々な色を押し続けていくわけですからね。

近年、その技術を受け継ぐ人が減っていると聞いて、残念に思いました。そんなお話をしてくださったお店の女性がまた魅力的な方でした。

今まで自分が知らなかった手仕事の世界に触れられるのは、旅の楽しみのひとつです。

petit à petit プティ・タ・プティ

京都の寺町通りのpetit à petit

petit à petitのショーウインドウ

『 petit à petit』は、オリジナルの布地を使った雑貨やインテリアファブリックのお店です。

京都の寺町通りのpetit à petit

petit à petitの店先の案内

京都で生まれ育った2人のデザイナーによる、オリジナリティあふれる作品たち。ここでお気に入りのバッグやポーチが見つかれば、自分のためのいい京都土産になりますね。

京都の寺町通りのpetit à petitのスマホケース

petit à petitで売られているスマホケース

スマホのケースは、iPhoneもAndroidも各種サイズが揃っています。

グランピエ 丁子屋

京都の町家づくりの味わいある家屋に、各国の家具や布製品、雑貨が並ぶ『グランピエ 丁子屋』。

京都の寺町通りのグランピエの外観

グランピエの外観

お店の外にはかごバッグなどが下げられていて、この日はナチュラル雑貨のお店のような雰囲気でした。

ところが扉を開けてみたら、イメージしてなかった世界が!入ってすぐのところにはスペインの素朴な器が並べられていて、その奥には数多くの素敵な雑貨たちがぎっしり。

京都寺町通りのグランピエの外観

グランピエの入り口付近

スペインやルーマニアの器、インドの布製品やブロックプリントの木型、ウズベキスタンの布、中近東のキリム・民具、中南米やアフリカのものなど、様々な国からやって来たアイテムが迎えてくれます。

中でも印象に残ったのは、ウズベキスタンの「スザンニ」と呼ばれる刺繍を施されている美しい布でした。

「スザンニ」 の語源は、ペルシャ語の「針」。ひと針ひと針ていねいに刺して仕上げたことを表しているのでしょうね。中央アジアの遊牧民族の暮らしを想像させるような素朴なものでした。

なお、「グランピエ」は東京・青山のキラー通り沿いにもお店があります。

京都アンティークセンター

複数のアンティークショップが入った 『京都アンティークセンター』は、イギリスなどではよく見かけるタイプ。日本で見つけたのは初めてでびっくり!

イギリスの田舎町を車で旅行しながら、あちこちのアンティークフェアやショップを訪ねた日々を懐かしく思い出しました。

寺町通りのアンティークセンター

京都アンティークセンター

陶磁器、ガラス製品、漆器、アクセサリーなど。 京都のアンティークだけでなく、ヨーロッパのアイテムも幅広く取り扱いがあります。

スタッフの方との情報交換に夢中になっていて、写真は上の1枚だけしか撮っていませんでした。

アンティークのお店はなかなか入りづらい雰囲気の場合が多いのですが、こちらは10店舗ほどのモールなので気軽に入れます。

アンティークというよりは、ヴィンテージといえるお手頃価格のモノもたくさん。見るだけでも楽しめます。

寺町通りの散策を楽しむ

寺町通りは、商店街と呼ぶほどお店がぎっしりと並んでいるわけではなく静かな地域です。

今回いろいろなお店を訪ねて感じたことは、販売しているひとつひとつの作品をお店の方がとても大事に思っていること。アンティークであったり、手仕事の作品であったり。思いのこめられた作品たちです。

京都の寺町通りの老舗

寺町通りの老舗のショーウインドウ

旅行する人は、観光客が少なくて魅力あふれる場所に行ってみたいと思います。

一方で、ネットの情報が行き渡ってしまう今日では、そこで暮らす人々の生活が脅かされるという話も聞きます。

こうして情報を発信するひとりとしては苦しいところですが、本当の意味での大人として、寺町通りの散策を楽しめるようになりたいと思いました。

たくさん歩いたあとは、1717年創業『一保堂』で美味しいお茶がおすすめです。

京都のカフェ!大人におすすめのお店はどこ?
実際に訪れて見つけた、大人がゆっくり過ごせるおすすめのカフェをご紹介。京都と言えば人気の抹茶を使ったデザートや、お手頃価格で美味しいランチ情報も!限られた時間の観光旅行であっても、ホッと一息つけるお店を知っておくといいですね。

〈一保堂茶舗〉煎茶「芳泉」・極上ほうじ茶・極上玄米茶中缶詰合せOBG4A3[N]glm【RCP】_Y110428000501_0_0_0

価格:4,644円
(2020/4/17 00:32時点)
感想(5件)

 

************************

旅行が大好き♪次はどこに行こうかしら…と思いつつ暮らす日々。

これからもよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

国内旅行
スポンサーリンク
sakurakoをフォローする
桜子の美味しいもの探しの旅

コメント