ロンドンのアンティークマーケットならケンプトンがおすすめ!

ケンプトンマーケットのアクセサリー海外旅行

ロンドン旅行と言えば、アンティークやヴィンテージの雑貨やアクセサリーなどを探すのが楽しみの方も。

ロンドン中心にある観光客向けのマーケットはどうしても高価。郊外にあるケンプトンパークのアンティークマーケット(Sunbury Antiques Market)に行ってみませんか?

今回は電車での行き方を詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

ケンプトンのアンティークマーケットとは?

1979年に始まったケンプトンのマーケットは、屋内・屋外合わせて700ものストール(お店)が出ます。取り扱ってるアイテムの数は、ロンドンのアンティークマーケットの中で圧倒的。

毎月第二火曜日と最終火曜日に開催。6:30から14:00。

私は今は旅行者として毎年ロンドンを訪れていますが、このマーケットに行けるように日程を組みます。

ロンドンから少しだけ遠いけれど、入場料無料、駐車場も無料。何しろ取り扱いアイテムが豊富なので楽しいですよ。ぜひ一度お出かけください。

Sunbury & Sandown Antiques | Kempton

ロンドンのケンプトンアンティークマーケットへの行き方

イギリスに住んでいる方ですと、ケンプトンのアンティークマーケットへは車で行く場合が多いでしょう。駐車場が広いので安心です。

【行き】London中心からSunburyへ

ケンプトンマーケットへの行き方

私は今は観光客なので、ひとりで気合いを入れて電車で行きます。Googleで検索してこの電車を選択。

マーケットの最寄り駅はKempton Parkなのですが、検索するとその時間帯は隣駅のSunburyに停車する電車しか出てきませんでした。

ロンドン中心のWaterloo6:12発の電車に乗って、Sunbury到着は6:57。そこから歩いて10分ほどですね。

waterloo駅の切符売り場

切符はこの自動販売機で購入。このあたりの操作で時間がかかりそうな人は、余裕をもってWaterloo駅に到着しましょう。

waterloo駅構内

自分が乗る電車のホームを電光掲示板で確認。

waterloo駅ホームの案内

3番線ホーム。

乗車時間は45分ほどですが、車内はガラガラに空いているので快適。いつもこの時間に朝食。と言っても、ビスケットに果物に飲み物といった簡単な食事です。

Sunbury駅

Sunbury駅に到着。

イギリスは日本より北にあるので、日が短いです。写真では空は青く写っていますが、かなり暗い感じでした。

駅のホーム

ホームを降りたらこんな感じ。

ここで大切なことが!

アンティークマーケットまでの10分ほどの道のりをひとりで歩くのは寂しいので、人の流れについて行った方がいいです。

マーケットまでの道

写真を撮っていて置いていかれた私は、こんな道をひとりで歩きました。車の通りは多いけれど人はほとんど見かけないので、特に初めての方にはひとり歩きをおすすめしません。

ケンプトンマーケット入り口

よかった!ちゃんと到着。

【帰り】Kempton Parkからロンドン中心へ

帰りはKempton Parkの駅に出ました。

kempton park

競馬場の広い駐車場の向こうに、Kempton Parkの駅が位置します。

上の写真は、ロンドン方面行きのホームからケンプトンマーケットの方向を撮影したものです。駐車場が見えて、その向こうがマーケットになります。

kempton parkの駅

朝が早いので、半日滞在で十分楽しめますよ。

kempton parkのホーム

ホームには本日の戦利品を持った人も。

Google Mapではケンプトンの競馬場を示していますが、実際にマーケットが開催されているのはもっと西のエリアになります。

ロンドンのケンプトンアンティークマーケットでお買い物

マーケットは屋内と屋外に分かれています。

一般的な傾向としては、屋内の方が選び抜かれた良い物が見つかります。けれども、屋外のガラクタの中に意外なお宝が隠れていることも。それに、屋外のお店の方が値引き交渉にも応じてくれますね。

マーケットのアクセサリー

屋内はこんな感じのストール(お店)が延々と続きます。

ケンプトンマーケットの雑貨

左はボタンです。イギリスは可愛いボタンがいろいろ。

ケンプトンマーケットの雑貨

価値のあるものはケースに収められていることが多いですね。声をかけて見せてもらいましょう。

ケンプトンマーケットの時計

屋外は大きな家具も扱っています。

ケンプトンマーケットで売られるヤドリギ

クリスマス前だったので、mistletoe(ヤドリギ)も販売されていました。

ヤドリギの下でキスすると幸せになるといった言い伝えが。ちなみに今年のコベントガーデンのイルミネーションは、このヤドリギです。

ロンドンのクリスマスイルミネーション【2019】実際に行った8選
ロンドンのクリスマスイルミネーションと言えばどこがおすすめ?2019年実際に行ってみてよかったスポットを写真とともにご紹介。日が短くてすぐに暗くなるロンドンの冬。クリスマスのイルミネーションを見ると幸せな気分になれますよ。

アンティークマーケットで購入した品々

購入したいものは人それぞれだと思いますが、私が今までどんなものを手に入れたかをご紹介します。

アンティークとは

アンティークとは、「100年を経過した手工芸品、工芸品、美術品」というのが現在の通説です。

ただ古いだけではダメなんですね。100年以上経過していて、なおかつ美しく価値のあるものなのでしょうね。

好きで購入したいろいろなアイテム

アンティークマーケットで購入したもの

私はアンティークマーケットが大好きですが、実際に購入しているのはヴィンテージやジャンクと言われる物であって、そんなに高価なものはありません。

でも気に入っているものです。
手描きのカップ
手描きのカップは、おそらく実際に使うことはなくて眺めているだけです。日々使っているお気に入りのカップも別にあります。

転売が目的ではありませんので、自分さえ気に入っていて幸せな気持ちになれればいいんです!

皆さんもご自分のお気に入りの1点を見つけに、アンティークマーケットに出かけてみてくださいね。

ネストテーブル

上の写真はネストテーブル。3つの小さなテーブルを組み合わせておけるもの。日本の狭い部屋にもぴったりです。

ロンドン駐在でいずれは日本に帰る人に、こういったコンパクトな家具は人気ですね。実用性もありますよ。

ロンドンのアンティークフェアを検索できるおすすめサイト

今回はケンプトンマーケットを紹介しましたが、ロンドンでは様々なアンティークのフェアが開催されます。

今回おすすめするAntiques Atlasのサイト。ロンドンだけでなくイギリス中のどこでアンティークのイベントが開催されるのかを知ることができますよ

驚くほど規模の大きいイベントから田舎町の小さなお店まで。イギリス在住中は、旅行先で面白いフェアはないかを検索してました。今は日本からイギリス旅行に行く時にチェックしています。

Antique Centres in London - Search Emporiums, Antique Shops, Antique Fairs, Auction Houses by Location - Antiques Atlas

素敵なお品と出会えますように!

ロンドンのチャリティーショップ【2019】実際に行った23のお店
ロンドンには数多くのチャリティーショップが。主に近隣住民から寄付された洋服やアクセサリー、雑貨などが販売されています。チャリティーショップ巡りのコツを、ロンドンのショップで3年間ボランティアスタッフとして働いた桜子がご紹介。

 

コメント